矢板明夫の中国点描

スパイ合戦激化…極秘「コロナ発生源」、豪州へ漏洩疑う中国

オーストラリアに緊急帰国した中国特派員記者=8日、シドニー(オーストラリア放送協会提供、AP)
オーストラリアに緊急帰国した中国特派員記者=8日、シドニー(オーストラリア放送協会提供、AP)

 中国政府は今月上旬、北京と上海にそれぞれ駐在する2人のオーストラリア人記者を「国外追放」した。このニュースを最初に見たとき「習近平政権の気に入らない報道をしたからに違いない」と思い、いろいろと探したが、それらしき記事は見つからなかった。

 その後、豪メディアを通じて2人が帰国した経緯を知り、違和感を覚えた。中国の治安当局者が2人の自宅に押し掛け、「国家安全上の問題」で事情聴取を受けるように求めると、2人は豪州の大使館と総領事館に逃れて数日間避難した後、自国の外交官に守られた形で帰国の便に搭乗したという。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください