台湾日本人物語 統治時代の真実

(15)李登輝氏に旧制高校生の矜持

2012年11月、インタビューに答える李登輝元総統=台湾・淡水(喜多由浩撮影)
2012年11月、インタビューに答える李登輝元総統=台湾・淡水(喜多由浩撮影)

 ハプニングが起きたのは講演会後の懇親会の場だった。平成19年6月7日、東京都内のホテル宴会場。旧制台北高校OBでつくる蕉葉会(しょうようかい)のメンバーらが壇上に上がり、寮歌祭さながらに、同校の第一校歌『獅子頭山(ししとうざん)に雲みだれ』を歌い始めたのである。

 主賓の李登輝もOBたちによって壇上に引き上げられた。写真が残っている。バショウの三つ葉をかたどった校章入りの白線帽をかぶった李は他のメンバーよりも頭ひとつ高い。歌詞を書いた紙を手に、高らかに校歌を熱唱した。「(台北高校の)同級生同士、すぐ昔に戻れるんだよ」