スゴい…中国の“巣ごもり需要”と“爆買いマネー” 「独身の日」セール、最大手アリババ取引額だけで5・9兆円突破 

アリババの本社がある浙江省杭州市内に設けられた会場で、「独身の日」のセールの累計取引額が3723億元に達したことを告げるスクリーン=11日(三塚聖平撮影)
アリババの本社がある浙江省杭州市内に設けられた会場で、「独身の日」のセールの累計取引額が3723億元に達したことを告げるスクリーン=11日(三塚聖平撮影)

 【杭州=三塚聖平】中国で「独身の日」と呼ばれる11日、インターネット通販各社による毎年恒例の値引きセールが行われた。最大手のアリババ集団は、11日午前0時半(日本時間同1時半)時点で1日からの累計取引額が計3723億元(約5兆9千億円)を突破したと発表した。中国では新型コロナウイルスの流行に歯止めが掛かってからも消費回復が思うように進んでこなかったが、ネット通販セールが「巣ごもり需要」を取り込んで14億の人口が生み出す消費力を刺激している。

 アリババは今年、セール期間を拡大して今月1日から11日までを集計対象とした。昨年、アリババが11月11日の1日だけで記録した取引額は2684億元で、これを既に上回っている形だ。どこまで取引額を伸ばすか注目される。