「竹島は日本領」米国政府航空図55~97年も一貫して認識

竹島を「JAPAN」と記した米国政府の1997年の航空図。「551」は竹島の最高標高点の数字(単位はフィート)を指す(米国国立公文書館所蔵)
竹島を「JAPAN」と記した米国政府の1997年の航空図。「551」は竹島の最高標高点の数字(単位はフィート)を指す(米国国立公文書館所蔵)

 領土問題を調査研究する公益財団法人「日本国際問題研究所」(東京)は11日、松江市内で記者会見し、韓国による不法占拠が続く竹島(島根県隠岐の島町)が日本領であると明確に記した1955~97年の米国政府作製の航空図9枚を新たに確認したと発表した。竹島の日本保持が確定したサンフランシスコ講和条約(52年発効)の内容を反映したとみられ、調査を委託された島根大の舩杉力修准教授(歴史地理学)は「日本政府の主張を補強する重要な資料」としている。

 同研究所から委託を受けた調査会社が、米国国立公文書館で第二次世界大戦後の航空図など約100点を調査。舩杉准教授が分析を進めていた。