自由 強権~21世紀の分岐点

(6)SNS革命 民衆に返る奔流

携帯電話に表示されたツイッターのアイコン=2017年4月、米フィラデルフィア(AP=共同)
携帯電話に表示されたツイッターのアイコン=2017年4月、米フィラデルフィア(AP=共同)

 2011年に中東や北アフリカで反政府運動が広がった「アラブの春」。独裁体制崩壊に至る反政府デモの原動力はフェイスブックやツイッターといった会員制交流サイト(SNS)だった。それから10年。SNS上では為政者が民衆を監視し、過激な政治主張が飛び交い分断を広げる。技術の進歩で言語の壁を越える可能性もある。よりよい未来にどう使いこなせばいいのか。

 エジプトの首都カイロ中心部のカフェ。30代女性は友人と話をする前に携帯の電源を必ず切る。「勝手に会話を録音して送信するアプリが埋め込まれているかもしれないから」