日韓合意より感情を優先 国際常識認めぬ韓国司法

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の裁判所がまたも国際常識に反する判決を下した。元慰安婦らが日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、国家は外国の裁判権に服さないという国際法上の「主権免除」の原則を認めず、日本政府に賠償を命じた。韓国の司法界では、国際的な慣例や国家間の合意より、自国でもてはやされる理念や社会感情を優先しようとする流れが強まっている。

 「慰安婦問題の新たな地平を開いた歴史的勝訴だ」。元慰安婦らの支援団体は8日、ソウル中央地裁の判決をこう歓迎した。

 地裁は、日本政府の韓国人慰安婦の扱いについて「国際規範に反する反人道的犯罪行為」とみなし、主権免除は適用できず、「例外的に韓国の裁判所に裁判権がある」とした。