緯度経度

バイデン氏待つ欧州 民主主義の絆は戻るのか 三井美奈

16日、米東部デラウェア州ウィルミントンで記者会見するバイデン次期大統領(ゲッティ=共同)
16日、米東部デラウェア州ウィルミントンで記者会見するバイデン次期大統領(ゲッティ=共同)

 20日に就任するバイデン次期米大統領は、欧州外交界で愛される「古株」である。毎冬恒例のドイツ・ミュンヘン安全保障会議では常連で、2年前に登壇したときも温かい歓迎を受けた。

 初参加は45年前だと振り返り、「私は7歳でした」といきなりジョークで笑わせた。もちろん、すでに上院議員で、将来を嘱望された青年政治家だった。演説では、民主主義の価値を共有する米欧同盟こそ平和の礎だと説いた。紋切り型の訴えだが、「米国第一」のトランプ政権に疲れていた欧州人の心に染みた。