ソウルから 倭人の眼

慰安婦・徴用工訴訟で「困惑」 文氏、自業自得の末に本音

年頭の記者会見をする韓国の文在寅大統領。慰安婦訴訟やいわゆる徴用工訴訟の判決への「困惑」を吐露した=18日、ソウルの大統領府(共同)
年頭の記者会見をする韓国の文在寅大統領。慰安婦訴訟やいわゆる徴用工訴訟の判決への「困惑」を吐露した=18日、ソウルの大統領府(共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が年頭の記者会見(18日)で、日韓関係悪化の原因となっている慰安婦といわゆる徴用工の問題について、困惑と懸念をあらわにした。日本との国同士の協定や合意を一方的にほごにした末に、結局は自業自得に陥っていることを認めたのだが、日本に対しては、やはり問題解決を呼びかけている。(ソウル 名村隆寛)

危機感、大統領自ら吐露

 文氏は会見で、今月8日にソウル中央地裁が日本政府に対し元慰安婦らへの賠償を命じた判決について「率直に言って、少し困惑しているのが事実だ」と述べた。また、「徴用工問題も同じだ」とし、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた2018年の判決を受け、日本企業の資産売却への手続きが進められていることについて「強制執行の形での(資産の)現金化は韓日関係において望ましくない」と語った。

 文氏はこれまで、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を日韓両国が確認した2015年の合意について「この合意では問題は解決しない」と主張してきた。徴用工問題に関しては「三権分立の原則に基づき、司法判断を尊重する」とかたくなに言い続けた。