欧州を読む

首相、強権に変貌 ハンガリーは中国の足場になるか?

東欧のハンガリーで強権的な統治手法を強めるオルバン首相(ロイター)
東欧のハンガリーで強権的な統治手法を強めるオルバン首相(ロイター)

 東欧のハンガリー政府が強権的な統治手法を強めている。オルバン首相が新型コロナウイルス対策を口実に権限を拡大し、報道の自由などを制限する動きに出ている。その一方で、大学誘致や新型コロナワクチンの購入などで中国との関係も強化。反難民・移民や強権政治で欧州連合(EU)と対立する中、中国からの投資を呼び込む狙いとみられている。(ロンドン 板東和正)

加速する強権政治

 欧州メディアによると、オルバン政権に批判的な論調で知られる独立系ラジオ局「クルブラジオ」の放送免許が更新されず、14日に期限が切れた。