韓国、北の脅威を前に2プラス2で日本との協力認める 米が要求か

 17日、ソウル南方の烏山米空軍基地に到着した米国のブリンケン国務長官(共同)
 17日、ソウル南方の烏山米空軍基地に到着した米国のブリンケン国務長官(共同)

 【ソウル=名村隆寛】米国との外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で、韓国は「米韓同盟が朝鮮半島とインド太平洋地域の平和、安全保障、繁栄の核心軸」(共同声明)であることを再確認し、米国との信頼関係を維持した。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は核兵器や弾道ミサイルの開発を続ける北朝鮮に対し、対話を通した関係改善と朝鮮半島の非核化と恒久的な平和体制の構築を目指している。その姿勢は北朝鮮の脅威という現実を前にしながらも融和的であり、米国との信頼関係にとり不安要素でもあった。