メーガン妃発言問題、ダイアナ元妃生誕60年に暗雲 英王室内の亀裂深まる

英ロンドンで空軍ショーを見るエリザベス女王(左端)、ヘンリー王子(中央)と妻メーガン妃(左から2人目)=2018年7月10日(AP)
英ロンドンで空軍ショーを見るエリザベス女王(左端)、ヘンリー王子(中央)と妻メーガン妃(左から2人目)=2018年7月10日(AP)

 【ロンドン=板東和正】1997年に亡くなったダイアナ元妃の生誕60年を祝う7月1日の行事など、英王室の一連の記念日へのヘンリー王子夫妻の出席が危ぶまれている。ダイアナ元妃の次男、ヘンリー王子(36)の妻、メーガン妃(39)が王室内で人種差別的な扱いを受けたと発言し、王室との関係が悪化しているためだ。夫妻が昨年、公務から引退して米国に移り住んだ問題で生じた王室との亀裂も、一段と深まっている。

 英メディアによると、米カリフォルニア州に居住する夫妻は、王室の行事に合わせて英国に戻る予定を進めていた。6月10日に100歳になる王子の祖父、フィリップ殿下(99)の誕生日や、王子の母、ダイアナ元妃の生誕60年などを祝うのが主な目的だ。