緊迫の応酬 米中外交トップ会談の冒頭発言全文 

会談するブリンケン米国務長官(右手前から2人目)と中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)・共産党政治局員(左手前から2人目)ら=18日、米アンカレジ(ロイター)
会談するブリンケン米国務長官(右手前から2人目)と中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)・共産党政治局員(左手前から2人目)ら=18日、米アンカレジ(ロイター)

 米中両政府が3月18、19の両日に米アラスカ州アンカレジで開いた外交トップによる直接会談は異例の非難合戦となった。米国務省が公表した、ブリンケン米国務長官とサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)共産党政治局員と王毅国務委員兼外相による18日の冒頭発言の全文の和訳は次の通り。

     

 ブリンケン氏「新疆(しんきょう)ウイグル自治区、香港、台湾での中国の行動に強い懸念」

 ▼ブリンケン氏

 こんにちは。そしてようこそいらっしゃいました。サリバン氏と私を代表し、私は楊氏と王氏を歓迎し、遠くまでおいでいただいたことに感謝を申し上げたい。

 オースティン国防長官とともに、米国の最も近い同盟国である日本、韓国のカウンターパートと会議を重ねて戻ってきたところだ。