アジア見聞録

フィリピン、中国漁船停泊で閣僚の怒り爆発 親中ドゥテルテ大統領苦境に

3月7日、南シナ海のウィットサン礁に集結した中国漁船約220隻の一部。フィリピンの閣僚が中国の言い分に激怒している(フィリピン沿岸警備隊提供=ロイター)
3月7日、南シナ海のウィットサン礁に集結した中国漁船約220隻の一部。フィリピンの閣僚が中国の言い分に激怒している(フィリピン沿岸警備隊提供=ロイター)

 フィリピンの閣僚が中国への怒りを爆発させている。フィリピンが自国の排他的経済水域(EEZ)内と主張するスプラトリー(中国名・南沙)諸島の海域で中国漁船が停泊を続けているためだ。閣僚は実効支配が既成事実化される恐れがある漁船の長期停泊に危機感を募らせている。「米国嫌い」とされ親中国的な姿勢で知られるドゥテルテ大統領(76)だが、領土的野心を隠そうとしない中国に反発する閣僚との板挟みになり、苦境に立たされている。(シンガポール 森浩)

閣僚激怒「スカボロー礁の再来」を懸念

 「天候は良好でそこに留まる理由はない。出ていけ」。

 フィリピンのロレンザーナ国防相は3日、停泊を続ける中国船について、激しい言葉で批判した。

 フィリピン政府によると、スプラトリー諸島のウィットサン(中国名・牛軛)礁周辺で3月7日、約220隻の中国漁船が停泊しているのが確認された。3月末時点で44隻が現場に残っており、現在も一部が停泊を続けている。