自由 強権

同盟新時代 「言葉を行う国」に 外信部長・渡辺浩生

会談後、共同記者会見に向かうバイデン米大統領(右)と菅首相=16日、ワシントンのホワイトハウス(共同)
会談後、共同記者会見に向かうバイデン米大統領(右)と菅首相=16日、ワシントンのホワイトハウス(共同)

 共同声明のタイトルにあるように、日米同盟は「新しい時代」に入った。

 世界の重心は「自由と強権」が衝突するインド太平洋に動いた。だが、「自由で開かれた」未来の保証はない。「力による現状変更」という北京発の波風は激しく、巨大な軍事力をてこに独裁者が君臨する「無秩序の世紀」になるかもしれぬ。

 だからこそ価値観を共有する日米の首脳が危機意識を確かめ合い、世界に結束をアピールした。初会談の成果はこれに尽きる。

 トランプ前政権下で号砲が鳴った米中新冷戦は、相いれぬ価値観によって世界がブロック化する「民主主義と独裁主義の戦い」(バイデン氏)に進んでいる。産経新聞も「自由 強権」を今年のキーワードに、中国による猛烈な「陣取り合戦」を報告してきたが、その速度と広がりは私たちが想定した以上だ。