劇場型半島

文大統領が侮辱罪で市民告訴、「日本の極右誌」が原因

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を非難するビラをまいた男性が侮辱容疑で送検されたことが物議を醸した。侮辱罪は被害者本人の訴え出が必要なため、最高権力者が刑事告訴で国民の表現の自由を抑圧したとの批判が続出。文氏の支持層からも批判され、文氏は告訴を取り下げた。大統領府が、ひどい中傷にも耐えてきた文氏があえて告訴した理由として挙げたのは「日本の極右雑誌」の表現を引用し、国の品格を傷つけたという点だった。(ソウル 桜井紀雄)

「悪口」容認したはずが

 警察が4月下旬、文氏への侮辱容疑で送検したと明らかにしたのは、保守系市民団体の代表を務める30代のキム・ジョンシク氏だ。

 複数の韓国メディアによると、キム氏は2019年7月、国会近くで文氏や与党関係者の父祖にも親日派がいると揶揄(やゆ)するビラをまいたとされる。