びっくりサイエンス

北海道に日本初の宇宙港構想 好条件生かし「北の種子島」目指す

太平洋に面して長さ1000メートルの滑走路や格納庫を備えた、北海道大樹町の「多目的航空公園」(同町提供)
太平洋に面して長さ1000メートルの滑走路や格納庫を備えた、北海道大樹町の「多目的航空公園」(同町提供)

 太平洋に面した北海道大樹(たいき)町といえば“宇宙の町”として知られている。この地で宇宙航空研究開発機構(JAXA)が実験を繰り返し、ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」も国内初の民間ロケット打ち上げを目指す。そして今、宇宙関係者の注目を集めているのが既存の施設を大幅に拡充した日本初の“宇宙港”構想だ。

太平洋沿いに複数の射点

 構想を練っているのは大樹町と協力関係にあり、研究者や経済関係者らでつくるNPO法人「北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)」。ロケットを打ち上げる射点の増設と滑走路の大幅な延長が柱となる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください