びっくりサイエンス

中国が「人工の月」打ち上げ計画 太陽光を反射し夜間照明に

国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された月=昨年8月(NASA提供)
国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された月=昨年8月(NASA提供)

 月の上空を周回する探査機から着陸機へと、月探査を加速してきた中国。そんな国から、仰天するニュースが飛び込んできた。今度は「人工の月」を打ち上げ、月明かりのように地上を照らす計画があるのだという。雲をつかむような話だが、実現不可能なことではないようだ。

 この計画は先月、人民日報電子版が報じた。米ニューズウィーク誌、英紙ガーディアンなど各国のメディアが取り上げ、世界で大きな話題となっている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください