藤井聡太七段インタビュー、プロ入り2年「まだ大きな結果ない」 気になるニュースは「米中貿易摩擦」

Messenger

インタビューに笑顔で答える16歳の将棋の最年少プロ、藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館(鳥越瑞絵撮影)

インタビューに笑顔で答える16歳の将棋の最年少プロ、藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館(鳥越瑞絵撮影)

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が10月にプロ入り2年を迎え、産経新聞社の単独取材に応じた。5月の史上最年少七段、10月の新人王戦最年少優勝記録樹立、と快挙を成し遂げた藤井七段。とはいえ本人は「大きな結果は残せていない」と厳しい。4月には高校生となり、好きな科目に世界史が加わった。最近気になったニュースは「米中貿易摩擦」だという。(中島高幸)

 

▲「相手に上回られた」

 「もう2年たったんだなという感覚です。成長できた部分は多くあるとは思うんですが、まだ大きな結果は残せていない」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください