2時間で太平洋横断 JAXAが狙うマッハ5の超音速機

びっくりサイエンス
Messenger

マッハ5で飛行する100人乗り極超音速旅客機の想像図(JAXA提供)

マッハ5で飛行する100人乗り極超音速旅客機の想像図(JAXA提供)

 太平洋をたった2時間で横断できる最高速度マッハ5の旅客機を目指し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が研究を進めている。2020年代には技術的なめどをつけるといい、有人宇宙船や無人機への応用も可能だ。課題は多額の開発費で、国際共同開発も視野に入れるが、そこで主導権を握るためにも技術的な蓄積は欠かせない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください