びっくりサイエンス

断水した被災地でもシャワー AIで98%の水再利用

断水しても使えるシャワーセット。手前の白い装置が「AI水循環システム」(WOTA提供)
断水しても使えるシャワーセット。手前の白い装置が「AI水循環システム」(WOTA提供)

 地震や豪雨といったさまざまな災害で断水が起きると、大量の水を使う入浴の機会は非常に限られてしまう。東京のベンチャー企業「WOTA(ウォータ)」は、人工知能(AI)を駆使してタンクの水を98%以上も再利用するシャワーセットを開発。既に熊本地震をはじめとした被災地で実績を上げており、防災面に加えて水不足に悩む国々からも注目を集めている。

100リットルで100人が入浴

 WOTAが開発したシャワーセットは「AI水循環システム」やシャワーおよび脱衣用のテント、水タンクや給湯器などで構成。このうち中核となるのが、5種類のフィルターでシャワー後の水を浄化するAI水循環システムだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください