言葉のひと解き

げんごう【元号】 民族的遺伝としての「令和」 清湖口敏

新元号「令和」を報じる本紙号外を求め手を伸ばす人々=1日(AP)
新元号「令和」を報じる本紙号外を求め手を伸ばす人々=1日(AP)

 ある程度予想されたとはいえ、新元号決定のニュースがあれほどまでに大きな関心と興奮をもって国民に迎えられるとは、実に驚きだった。多くの国民が「令和(れいわ)」に思い思いの感慨を重ねたことは、元号が日本人の生活に深く根づいていることの明証でもあろう。

 元号の歴史や意義、令和の典拠などについて新聞はこれまで細微にわたって言及してきており、これ以上に解説や論評を加えるのはさすがにくだくだしい感じがする。さりとて“旬”のテーマだけにみすみす外すわけにもいかず、ここはひとつ、観点を国語文化に絞って「元号」を「ひと解き」してみようと思う。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください