生命倫理、議論追い付かず 着床前診断の新定義

助産院で診察を受ける妊婦 ※写真は記事と無関係です
助産院で診察を受ける妊婦 ※写真は記事と無関係です

 不妊に悩む夫婦や、生まれてくる子供の病気を心配する高齢妊婦が増えており、出産前の診断を求める声は多い。ただ受精卵の検査は、標的の疾患以外の遺伝情報や性別などが分かることもあり、いずれ歯止めが利かなくなる恐れがある。医療技術の急速な進歩に、生命倫理にかかわる議論が追い付いていない。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください