眠れぬ墓標

第2部 激戦の南島(1)鎮魂 消えない無念…命ある限り祈り続ける

 ■消えない無念…命ある限り祈り続ける

苛烈な戦況の中で亡くなった兵士らの御霊に祈りを捧げる堀江正夫さん=平成22年7月、パプアニューギニア
苛烈な戦況の中で亡くなった兵士らの御霊に祈りを捧げる堀江正夫さん=平成22年7月、パプアニューギニア

 標高2千 4千メートル級の急峻(きゅうしゅん)な山々が眼下に連なり、大海原のように広がる密林と湿地帯に、のたうつ大蛇のように曲がりくねった川が流れている。

 7月末、東部ニューギニア戦友遺族会会長の元参院議員、堀江正夫(95)は、2年ぶりにこの地に降り立った。熱帯独特の粘りを帯びた湿気が体を包み込み、強い日差しが容赦なく照りつける。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

眠れぬ墓標 いまだ帰れぬ遺骨 記事一覧