眠れぬ墓標

第2部 激戦の南島(4)遺骨 博物館で「見せ物」…いまだ帰れぬ戦友

 東部ニューギニア戦初期の激戦地で、多くの旧日本兵の遺骨が残るパプアニューギニア南東部、ギルワ地区のサナナンダ集落。「戦争博物館」と書かれた看板の奥に、ヤシの葉で葺(ふ)いた小屋が2棟並んでいた。

 入場料は日本円で約400円。一棟に入ると、旧日本軍の鉄兜(てつかぶと)や水筒などとともに、3人の遺骨が並べて置かれている。頭骨の表面は、何度も人の手で触れられたであろう油分の照りがあり、長年ここに置かれていることを物語っている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

眠れぬ墓標 いまだ帰れぬ遺骨 記事一覧