クローズアップ科学

「核のごみ」減らす切り札 理研が新型加速器を考案

核変換に関する基礎データの取得に用いられた理化学研究所仁科加速器科学研究センターの超電導リングサイクロトロン「SRC」(理化学研究所提供)
核変換に関する基礎データの取得に用いられた理化学研究所仁科加速器科学研究センターの超電導リングサイクロトロン「SRC」(理化学研究所提供)

 原発の使用済み核燃料から生まれる高レベル放射性廃棄物は「核のごみ」と呼ばれる。地下に埋める処分方法が進まないなかで期待されるのが、廃棄物に含まれる放射性物質をより安全な物質に変換する手法だ。その根幹となる新型加速器が理化学研究所で考案され、技術的なめどがついたとして、2040年の実用化に向けた開発が本格化する。

20秒で死に至る放射線量

 高レベル放射性廃棄物は、原発を稼働させて生じた使用済み核燃料を処理し、再利用するウランやプルトニウムを取り出した後の残留物のうち、特に放射線量が高いものだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

クローズアップ科学