びっくりサイエンス

奄美大島のカエルが「超高速」で進化 外来種マングースから逃避行動

アマミハナサキガエルとフイリマングース
アマミハナサキガエルとフイリマングース

 本来いないはずの地域に人間によって持ち込まれ、在来の生き物を脅かしている外来種。各地で問題が深刻化する中で、危機に瀕(ひん)した在来種が驚くべき対応力をみせていることが明らかになった。奄美大島(鹿児島県)のカエルが、移入された哺乳類のマングースから素早く逃げるように進化したという。外来種問題を考える上で新たな視点をもたらす成果だ。

 国立環境研究所などの資料によると、中東などに生息するフイリマングースはハブの駆除のため沖縄県に持ち込まれ、奄美大島にも1979年に放たれた。ところがハブ退治の効果がほとんどないばかりか、固有種のアマミノクロウサギや希少な昆虫、カエルなどを手当たり次第に捕食し、生態系に大きな悪影響をもたらした。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

【びっくりサイエンス】記事一覧