びっくりサイエンス

日本のコンブ、今世紀末に消滅か 温暖化で食文化に危機

北海道・知床半島沿岸のコンブ群落(四ツ倉典滋・北海道大准教授提供)
北海道・知床半島沿岸のコンブ群落(四ツ倉典滋・北海道大准教授提供)

 和食のだしやおでんなどに使われ、日本の料理に欠かせないコンブ。その大切な食材が、地球温暖化の影響で2090年代までに日本の海域から姿を消す可能性があることが、北海道大の研究で分かってきた。わが国の食文化を根幹から揺るがす危機が、ひたひたと忍び寄っているのだ。

20年前から急減

 コンブは褐藻(かっそう)という海藻の仲間で、大きいものは幅60センチ以上、長さ10メートル以上に育つ。生育は寒冷な海域が適し、日本では9割以上が北海道産。青森県、岩手県、宮城県の三陸海岸沿いでも採れる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください