クローズアップ科学

脳研究に革新もたらす「光遺伝学」 自閉症などの治療に道

脳を操る光のスイッチ
脳を操る光のスイッチ

 光を使って脳の神経細胞を操作する「光遺伝学」という手法が脳研究に革新をもたらしている。複雑な脳の機能を細胞単位で解明でき、脳神経の病気の原因究明や治療法の開発につながる期待が高まっている。

因果関係明らか

 脳の中では無数の神経細胞が電気信号で情報をやり取りしている。運動や記憶といった活動は、こうした神経細胞の複雑な回路に支えられている。しかし、どのように細胞同士がつながり、情報処理が進むのかは謎に包まれている。