自衛隊、人事異動にAI導入 幹部4万人が対象

防衛省の外観=東京都新宿区(川口良介撮影)
防衛省の外観=東京都新宿区(川口良介撮影)

 防衛省は陸海空自衛隊の中枢を担う幹部自衛官の人事異動に人工知能(AI)を導入する方針を固めた。業務の効率化が狙いで、中央省庁がAI主導で人事を行うのは異例。今後2年間かけてシステムを開発し、導入時期を見極める。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください