言葉のひと解き

清湖口敏 創作漢字 「国字」復権、100年の取り組み

「第10回創作漢字コンテスト」の入賞作品などを紹介した本紙の紙面(昨年12月23日掲載)
「第10回創作漢字コンテスト」の入賞作品などを紹介した本紙の紙面(昨年12月23日掲載)

 旧冬の話題で恐縮ながら日本漢字能力検定協会がその年の世相を表す一字として発表した「今年の漢字」は「令」だった。平成から令和への御代(みよ)替わりで国内が祝賀ムードに包まれた一年だったから、「令」は極めて順当な一字だったといえようか。この簡単な字が一年の世相までをも象徴し得ることに、漢字を日常的に使いこなすわが国の文字文化の豊かさをあらためて知る思いがする。

 ▼世相巧みに

 「今年の漢字」ばかりではない。産経新聞社と立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所が主催する「創作漢字コンテスト」の応募作品にも、世相を巧みに表現した漢字が数多く見られる。10回目となった昨年のコンテスト(審査結果は12月23日付本紙に既報)で最優秀賞に輝いた「●」(かいようおせん)は、世界の海洋でプラスチックごみなどによる汚染が進んでいる現状を強く訴えるものだった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください