びっくりサイエンス

桜が色づく仕組み解明 青と赤の光でピンクに

 日本の春を美しく彩る桜。その代表的な品種である「ソメイヨシノ」の花がピンクに色づく仕組みを、弘前大などの研究チームが解明した。鍵を握っていたのは、つぼみを照らす青と赤の光だ。この成果を活用することで、色づきのいい花を自在に咲かせられる可能性が出てきたという。

お花見といえばソメイヨシノ

 ソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの仲間の交配で生まれた日本産の品種だ。江戸時代の末期、江戸の染井(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が、昔から桜の名所として知られていた奈良県の吉野山にちなんで「吉野桜」の名で全国に売り出した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください