一斉休校1週間で「巣ごもり特需」 冷凍食品や児童書、宅配が人気

通常5日間コースで2900円の「まごころ御膳」の一例。3080円の「まごころおかず」も臨時休校支援として販売された(ワタミ提供)
通常5日間コースで2900円の「まごころ御膳」の一例。3080円の「まごころおかず」も臨時休校支援として販売された(ワタミ提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が全国の小中高校などに臨時休校を正式要請してから、ほぼ1週間が経過した。休校要請以降は、外出を控え自宅で過ごさざるを得ない子供や家族のため、宅配や子供向けの本といったサービスや商品が思わぬ形で人気になっている。企業側もこうした自宅向けの「巣ごもり需要」を取り込もうと、取り組みを強化している。

 「春休みがもう一回来たよう」。冷凍食品業界の関係者は驚きを隠さない。政府要請以降、長期休暇に売れるパスタやチャーハンなど主食系冷凍食品が急伸。テーブルマーク(東京都)はうどんやたこ焼きなどが好調で、3月1週目の受注は繁忙期の年末年始と比べても2倍以上となった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください