びっくりサイエンス

日本のダイコン、中韓伝来ではなかった ゲノム解析で定説覆る

日本の食卓になじみ深い野菜「ダイコン」(伊藤壽一郎撮影)
日本の食卓になじみ深い野菜「ダイコン」(伊藤壽一郎撮影)

 煮物や漬物など日本の料理に広く使われているダイコン。これまで中国や韓国を経由して日本に伝わったと考えられてきたが、ゲノム(全遺伝情報)の解析でこうした大陸渡来ではなく、南アジアから伝わった可能性が浮上した。日本人の渡来ルートと関係しているのかもしれない。

原産地は地中海沿岸

 ダイコンは世界中で広く栽培されているアブラナ科の野菜の仲間だ。地中海沿岸が原産で、形や大きさは地域によってさまざま。全世界で数千品種が存在するとみられている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください