コロナ 知は語る

慶大教授・安宅和人氏 「人間善」求める時代終わる

ヤフーCSO安宅和人氏
ヤフーCSO安宅和人氏

完全に元の生活には戻らない

 新型コロナウイルス禍は、人間が築いてきた都市集中型社会の問題点を浮き彫りにした。地球との共存を図る必要性を説く慶応義塾大教授の安宅和人氏は、これを機に技術の力を使い、自然とともに暮らす社会への転換を唱える。

 --コロナ禍後の社会はどうなるか

 「コロナはいったん収束しても、ワクチンなどで人類が十分な集団免疫を持つには少なくとも数年はかかる。別の感染症が出てくる可能性もある。当面『withコロナ(コロナとともに)』というべき時代を生きることになる」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください