クローズアップ科学

「もっと微生物学の基礎研究を」 コロナ後の科学 大隅良典氏に聞く

大隅良典・東京工業大栄誉教授(伊藤壽一郎撮影)
大隅良典・東京工業大栄誉教授(伊藤壽一郎撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、科学研究の在り方にも多くの課題を突き付けた。ノーベル医学・生理学賞の受賞者で東京工業大栄誉教授の大隅良典氏(75)は、微生物の研究や社会的な理解が不足していたと指摘し、「日本はもっと基礎研究を大切にすべきだ」と訴えた。

「知識の土台が欠けていた」

 --新型コロナは人類に何をもたらしたか

 「あらゆる人間生活に影響し、改めて生き方が問われた。都市への人口集中や職場環境、教育制度など、議論が煮詰まっていない問題が、いかに多いかも露呈した。これらの課題を真剣に見渡し、きちんと考え直す契機とすべきだ。科学研究も、社会から独立して存在するものではなく、あくまで大きな社会活動の一つなので影響が大きかった。人の移動や施設への立ち入りが制限され、全世界の研究活動がほとんどストップした。科学者も社会の一員であることを、強く思い知らされた」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください