「本能寺の変」原因説50 ネット投票で圧勝「光秀は義の人」

光秀が築城した福知山城。新型コロナウイルス感染拡大防止で休館していたが、6月1日から再開した=京都府福知山市
光秀が築城した福知山城。新型コロナウイルス感染拡大防止で休館していたが、6月1日から再開した=京都府福知山市

 明智光秀が織田信長を討った戦国時代の「本能寺の変」。この日本史上最大のミステリーについて、光秀ゆかりの城下町・京都府福知山市が原因とされる50の説からインターネット投票でナンバーワンを決めるイベントを行ったところ、海外も含め3万5千票を超える投票があった。歴史ファンの熱い思いが渦巻く中、2位に大差をつけて圧勝した1位の原因説とは?。

     (香西広豊)

ネット盛り上がる

 本能寺の変は天正10(1582)年6月2日、光秀が主君・織田信長の宿所だった本能寺を襲撃し、討ち果たしたクーデター。光秀を主人公にした放映中のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」でも見どころになるとみられるが、原因には数多くの説があり、日本史上最大のミステリーの一つとされている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください