コロナ 知は語る

いかに共存するかが重要 京都大iPS細胞研究所長・山中伸弥氏

京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥氏(寺口純平撮影)
京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥氏(寺口純平撮影)

治療法開発 iPS細胞で貢献したい

 2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大iPS細胞研究所長(教授)の山中伸弥氏は、新型コロナウイルスへの対策の効果などを分析する政府の有識者会議の委員に任命された。山中氏は正しい知識に基づく行動を求める一方、パンデミック(世界的大流行)を契機とした社会の変化や経験を教訓に、次なる感染症に備えるための体制を築く必要性を強調している。

 ◆HPで情報届ける

 --コロナ禍をどうみる

 「今世紀に入り、人類は重症急性呼吸器症候群(SARS)や新型インフルエンザといった感染症を経験してきた。新型コロナは、これらの感染症と比べて無症状の感染者が多い半面、一部の方では重篤な肺炎を引き起こすことから、これまでにない難敵だと感じている」