コロナ 知は語る

教育転換期、IT最大限活用 元中教審会長・安西祐一郎氏

安西祐一郎氏(宮川浩和撮影)
安西祐一郎氏(宮川浩和撮影)

世界の変化に対応 格差解消が課題

 新型コロナウイルスの感染拡大は日本が培ってきた教育システムのひずみを浮き彫りにした。中央教育審議会会長などを歴任し、教育界をリードしてきた安西祐一郎氏は、今回の問題を機に学校教育や教育へのIT活用の在り方を見直すべきだと指摘。その効果を最大限に発揮して人材を輩出するには、教育格差の解消が不可欠だと説く。

 --教育現場はどう変わっていくか

 「高校・大学になるに従って教育の遠隔化が進むのではないか。ただ、小学校に遠隔教育を積極的に入れるのは反対だ。小学校段階では社会性と認知能力の発達を促す上で、学校での対面による教育や協力して主体的に課題を解決する協調学習が極めて大事。そうした学習にITを活用すべきだ。中学は宿題や自由課題を遠隔に、高校や大学になれば一定水準のオンライン化は可能だろう」

 「ただ、日本ではパソコン(PC)で何をすべきか、何ができるか、多くの学校、生徒、家庭が理解していない。私は国語でも英語でも作文など『書く力』が重要だと考えているが、ITはそうした訓練をしやすい。協調学習についてもITをどう活用できるか深く検討すべきだ。世界の動向を見れば必要なことだ」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください