クローズアップ科学

下水で新型コロナに迫る 感染拡大を早期把握

 新型コロナウイルスの感染状況を下水の調査で解明する取り組みが進んでいる。地域ごとの拡大の兆候を医療情報より先に把握できるため、流行の到来を素早く察知し、効果的な対策につなげられる可能性がある。

衛生情報の宝庫

 感染症の流行原因を、集団の生活環境との関連を調べて解き明かす学問を「疫学」という。調べる対象は生活習慣や地理的要因など多様だが、下水は代表格の一つ。感染者の排泄(はいせつ)物に含まれる病原体が流れ込むことから、感染の実態を映す鏡として注目されてきた。

下水からウイルスに迫る
下水からウイルスに迫る

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください