びっくりサイエンス

8億年前の「隕石シャワー」、生命多様化の引き金か 地球史に新たな仮説

8億年前の地球と月を襲った隕石シャワーの想像図(大阪大提供)
8億年前の地球と月を襲った隕石シャワーの想像図(大阪大提供)

 地球史をめぐる議論に一石を投じる仮説となりそうだ。8億年前の太古の地球に大量の隕石(いんせき)がシャワーのように降り注ぐ大イベントがあったとする研究結果を、大阪大などのチームが月のクレーターの解析から突き止めた。恐竜を絶滅させたとされる隕石の数十倍に相当する量で、これがのちの「カンブリア大爆発」といった生命多様化の引き金になった可能性があるという。

月のクレーターに手掛かり

 地球の歴史はおよそ46億年に及ぶ。だが、火山活動や地震、プレート(岩板)運動などの地殻変動や浸食を繰り返したことから、約6億年より前の地表の様子を知る手掛かりはほとんど残されておらず、地球がどのようにして現在の姿に至ったかは謎に包まれている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください