クローズアップ科学

日本人の月面着陸「本当に大きな飛躍」 若田光一さんに聞く

米国の有人月面着陸機の想像図(ブルーオリジン社提供)
米国の有人月面着陸機の想像図(ブルーオリジン社提供)

 日米両政府が7月、有人月探査に関する共同宣言を発表し、日本人初の月面着陸が現実味を帯びてきた。日本にとってどんな意義を持つのか、誰がいつ降り立つのか。日本の有人宇宙開発を牽引(けんいん)してきた宇宙飛行士の若田光一さん(57)に見通しを聞いた。

 --共同宣言をどう見る

 「日本人の活動領域として、月面というターゲットが明確になった。毛利衛さんによる地球低軌道での活動から始まった日本の有人宇宙開発が、月へと広がるのは本当に大きな飛躍だ」

 --日本人が月面に降り立つ意義は

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください