クローズアップ科学

新型コロナワクチン 早期実用化へ遺伝子利用

 新型コロナウイルスの感染を予防するワクチンの開発が加速している。開発期間を短縮するため、遺伝子などを利用した新たな手法に注目が集まっており、世界中で治験が進む。早期の実用化が期待される一方、安全性の確保などで課題も指摘されている。

時間がかかる古典的な手法

 ウイルスが体に侵入すると、ウイルスを攻撃する「抗体」というタンパク質が体内にできる。この情報は記憶され、次にウイルスが侵入した際に抗体で素早く攻撃し、再感染を防ぐ。これが免疫の仕組みだ。

開発進むコロナワクチン
開発進むコロナワクチン