家康「伊賀越え」で実は…「甲賀忍者の真実」を末裔が刊行

先祖が住んでいた家の間取り図を示す渡辺俊経さん=滋賀県甲賀市
先祖が住んでいた家の間取り図を示す渡辺俊経さん=滋賀県甲賀市

 戦国~江戸時代に活動した甲賀忍者の末裔(まつえい)に当たる滋賀県甲賀市の渡辺俊経(としのぶ)さん(82)が、約20年にわたる研究の成果をまとめた「甲賀忍者の真実」(サンライズ出版、税別2400円)を出版した。忍者といえば、現代では将軍に仕えた暗殺集団とか、架空のものというイメージもあるが、普段は農民や薬の行商に身をやつしながら主君に仕え、諜報活動などを行っていたとされる実像を自宅にあった古文書などから明らかにした。自らの「遺書」と位置付ける一冊には「甲賀忍者の真実の姿を知ってほしい」との思いが込められている。(花輪理徳)

明らかになる忍者の姿

 表立って活動することのない忍者は家族にもその詳細を語ることはない。普通の農家の子供として育てられた渡辺さんが、自分の家がその末裔にあたることを知ったのは定年退職後だった。

 渡辺さんは東京の大手化学メーカーを勤め上げた後、老後を過ごすため出身地で「忍者の里」として知られる甲賀市に戻ってきた。そこで、忍者について研究していた知人から「渡辺善右衛門という人物を知らないか」と尋ねられたのが、秘密を知るきっかけとなった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください