クローズアップ科学

「完成度高める提案したい」 野口聡一さん、新型宇宙船搭乗へ

宇宙飛行士の野口聡一さん(戸加里真司撮影)
宇宙飛行士の野口聡一さん(戸加里真司撮影)

 宇宙飛行士の野口聡一さん(55)が10月23日にも、米スペースX社が開発した新型宇宙船「クルードラゴン」に日本人として初めて搭乗する。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、新時代に向け3回目の飛行に挑む心境を聞いた。

 --まもなく新型宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かう

 「気分的には、最終的な仕上げの段階。一通りの訓練は終わっている。あとは本番に向けて技量を保ちつつ、いくつも不具合が重なったときに自分たちで対応できるような、訓練の精度を高める段階だ。新しい宇宙船に挑戦できるのは、間違いなく宇宙飛行士の冥利(みょうり)に尽きる」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください