日本の論点

埼玉 コロナ禍で脚光「トカイナカ」

 新型コロナウイルスの感染拡大は日本人の生活意識や価値観の転換をもたらした。「地方回帰」も新たな潮流といえるだろう。埼玉県で唯一の村、東秩父村。人口2737人(9月1日現在)、平均年齢55・5歳。鉄道がないためこの村を訪れたことのない県民は多いが、高齢化が進む過疎の村が“近場”の移住地として脚光を浴びている。

 東秩父村は、都心から約70キロ。千葉県鴨川市や神奈川県小田原市とほぼ同じだ。東京・池袋から東武東上線で小川町まで最短60分。下車後、路線バスで約20分。やや不便は感じるが、山肌の緑に心が和む。春は桜、秋は紅葉。標高800メートル級の低山や峠が連なり、首都圏ハイカーの人気スポットだ。