クローズアップ科学

月周回基地へ新たな任務 日本の新型物資補給機

 国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ新型の補給機「HTV-X」の開発が進んでいる。8月に退役した「こうのとり」の後継機で、設計の改良でコスト低減と性能向上を両立させる。月の周回基地への物資輸送も想定しており、日本の有人宇宙開発で歴史的な役割を担う。

荷物搭載量1・5倍に

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、新型機は全長約8メートル、直径約4・4メートルの円筒形。本体の大きさや形状は、こうのとりとほぼ同じだ。開発費は技術の転用などで抑え、こうのとり初号機の3割減となる350億円を見込む。

 次世代大型ロケット「H3」に搭載し、種子島宇宙センター(鹿児島県)で来年度にも打ち上げる。H3はエンジン開発の不調で打ち上げが1年延期されたが、新型機への影響は最小限にとどめるという。

新型物資補給機「HTV-X」
新型物資補給機「HTV-X」