大阪知事、コロナ病床新設の医療機関向け支援金を創設へ

 大阪府の吉村洋文知事は18日、新型コロナウイルスに感染した軽症・中等症患者の病床を拡充するため、感染者を新たに受け入れる医療機関のインセンティブ(動機付け)として、独自の支援金制度を創設する考えを表明した。受け入れ医療機関のボーナスカットは「あってはならない」と述べ、新型コロナ対応の医療従事者向けに協力金を新たに支給する方向で検討していることも明らかにした。産経新聞の単独インタビューに答えた。

インタビューに答える大阪府の吉村洋文知事=18日午後、大阪市中央区の大阪府庁(寺口純平撮影)
インタビューに答える大阪府の吉村洋文知事=18日午後、大阪市中央区の大阪府庁(寺口純平撮影)

 府は近く感染症の専門家らでつくる対策協議会を開き、コロナ病床の確保のため、感染力がほぼなくなったと医師らが判断する患者を一般病院に転院させる独自基準を策定する。

 吉村氏は「一定、感染力がなくなったと判断されたら、療養型の病院に速やかに移転できる仕組みを作りたい」として、「方向性が決まれば、ただちに軽症・中等症の病床を確保する。インセンティブの支援策はセットだ」と述べた。