クローズアップ科学

列島のどこでも大地震のリスク

 東日本大震災から間もなく10年。日本列島はあらゆる場所で大きな地震に見舞われるリスクをはらんでいる。政府は地震の発生確率などの予測を定期的に公表しており、仕組みを理解した上で活用できれば減災につながる。(松田麻希、長内洋介)

 地球の表面は十数枚の巨大な板状の岩盤(プレート)で覆われている。その下にあるマントルが地球内部の高熱によって対流している影響で、プレートはさまざまな方向に動き、互いに押し合ったり引っ張ったりする力が働いている。

 太平洋プレートは南米沖に連なる海底山脈の海嶺(かいれい)からマントルが上昇することで誕生し、ゆっくりと西へ移動。日本に到達すると東北沖の日本海溝から陸側プレートの下に沈み込む。

地震の発生予測
地震の発生予測