びっくりサイエンス

鬱病発症と腸内環境の乱れの深い関係 

 鬱病の発症要因となる精神的ストレスが、善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌のバランスを乱れさせるメカニズムを北海道大の研究チームが解明した。コロナ禍の影響で鬱病を発症する人が増えているが、研究チームは「鬱病の全く新しいメカニズムが明らかになった。予防や治療法開発につながる可能性がある」としている。(有年由貴子)

腸内環境を正常に保つ分子

 鬱病の発症には精神的ストレスが深く関わっており、脳の働きのバランスが崩れることで抑鬱気分や睡眠障害を引き起こし、さまざまな精神的、身体的な症状も現れる。鬱病を発症した患者は腸内環境が悪化することが分かっていたが、詳しいメカニズムは解明されていなかった。