韓国は革命のまっただ中

櫻井よしこ 美しき勁き国へ
Messenger

 10月30日、韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に、元徴用工4人への損害賠償金として4億ウォン(約4千万円)の支払いを命じた。

 1965(昭和40)年の日韓請求権・経済協力協定の第2条は、日韓両国は「国およびその国民(法人を含む)」の請求権問題は、「完全かつ最終的に解決されたこと」を確認するとしている。賠償などの請求権問題は個人のものも法人のものもすべて解決済みだとうたっている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください